お知らせ

【5月16日(土)より診療を開始致します。】
新型コロナ感染防止の為、3月1日から臨時休診をさせて頂いておりましたが、細心の注意を払い5月16日(土)朝9時より診療を開始致します。

4月はガン患者様、重度のリウマチを患っておられる方々に連絡をさせて頂き4日間だけ診療を致しました。その為、多くの患者様にお待ち頂いた事は本当に申し訳なく心よりお詫び申し上げます。

5月16日(土)以降は換気、消毒などはもちろんですが感染防止の為、個室の施術室のみを使用しお一人様ずつのご案内、施術ベッドのシーツを一回ずつ取り換えるなどして土曜日と水曜日を佐野院長。日曜日と木曜日を板垣先生が9時から15時まで診療させて頂きます。

弊社受付スタッフから疾患やご年齢を考慮致しまして順次、連絡を致します。

また、今後の社会情勢を見ながら診療の日時を増やして患者様のご期待に添えるように努めます。
どうか宜しくお願い申し上げます。

佐野鍼灸院の考え方ABOUT SANO ACUPATHY INSTITUTION

開院より長い年月がたちました。現在は3人の鍼灸師により診療を行っており、幅広い疾患に対応できるよう配慮しております。 私たちスタッフ一同は安全で適切な施術を提供させていただけるよう、また当院を”受診してよかった”と満足していただけるよう、最善の努力をしていきたいと考えております。お困りのことがございましたら、お気軽にお尋ねください。

すべては脈診から。

Everything from The Sphygmoscopy

脈診とは、手首周辺にある計12箇所×24種類の脈状を知ることにより、経絡(けいらく)と経穴(けいけつ※いわゆる「ツボ」のこと)にまつわる情報や身体全体の状態を察知する技術。
古代中国はもとよりインドやギリシャでも古くから行われ、現代中医学でも重用される、膨大なデータ蓄積の元に構築されたメソッドです。
これにより、施術に使う経穴を選び出すことともに、 施術日程や、施術方針を決定していきます。

古代東洋の智慧に
現代西洋の知恵を連携

Link Ancient Oriental Prajna with
Modern Wisdom

お身体の状態を示す既存の検査資料などをお持ちいただいた上で鍼を施術。
2,000年前の古典的な脈診および経絡・経穴に関する智見と技法を基本に、現代の科学的データも参照しながら施術を行っていきます。
当院では毎年約1万人の皆さまに施術させていただいています。

あなたの深刻な不調へ
手当てを。

We Want to Deal with
Your Serious Malfunction

現代西洋医学から見放されたあなたに、鍼術の智慧と技能で手を差し伸べたい。

様々な切実なお身体の不調に苦しんでおられる方々へ。
私たち佐野鍼灸院は、肩こりや腰痛などの整形外科的な不具合に対処するだけでなく、あなたの身体の状態のもっと根源的な部分に働きかけていきたいと考えます。
西洋医学が普及する前の長きに渡って、あらゆる身体の不調に向き合ってきた東洋医学の中でもとりわけ歴史の長い「経絡古典治療」の技術と理論を元に現代の科学的データとリンクを図った「経絡総合治療(アキュパシー)」によりあなたの自己免疫力を本来あるべき状態の“使える”体調に導くよう全力を尽くします。
施術を通して、ぜひご自身の本来の免疫力のパワーを実感してください。

アキュパシー ACUPATHY = acus 鍼 + pathy 治療を意味する接尾語

理論的に
説明できる施術を

Operations that Can Be Explained in

動画再生

「気」といった、ともすると曖昧で抽象的な言葉(概念)で済ませるのではなく身体の不調に作用する仕組を合理的に説明できる施術を行うことが、佐野鍼灸院の信条です。
経穴(ツボ)から経絡、そして、それらと密接に関係するファシア*1(筋膜・膜)なども介して軸索反射*2と後根反射*3につながる人体のメカニズムを利用した施術を行います。

  • *1:ファシア(Fascia)
    筋肉をとりまく筋膜だけでなく、私たちの身体の“部品”を包む白い薄い膜のこと。筋肉だけでなく、骨や臓器、神経、血管、リンパなどを包み込みそれぞれを適正に位置するよう 支えながら保護している「第二の骨格」とも呼ばれる重要な存在。 伸縮性・弾力性があり、3次元のクモの巣状のネットワークとして全身を覆っている。
  • *2:軸索反射
    特定の末端を刺激すると、他の末端ないし臓器への反応・作用が誘発されること。
  • *3:後根反射
    特定の末端を刺激すると、当該患部ないし他の末端の痛み等を抑制する反応・作用が誘発されること。

できるだけ負担を
少なく

Minimize The Burden

0.18mmの極細鍼を使用。患部に直接施術せず、経穴(ツボ)を使うとともに、指先の弾力で打ちますので、ほとんど痛みを感じさせない施術です。 10分程度の鍼を2〜3回行い、電気も当てず、他の器具も使いません。
1回の施術時間は脈診、施術を含めおよそ40分。ほとんどの場合、衣服を脱いでいただく必要もありません。

12経絡が人を網羅

12 “Keirakus” Covers The Human

肝・心・脾・肺・腎・胆・小腸・胃・大腸・膀胱の臓器系10経絡に心包(自律神経)と三焦(リンパ腺)を加えた計12の経絡が存在。
これら12の異なる系列のネットワークが全身に張り巡らされているとともに それぞれが互いにも関係し合っています。

471経穴×約10作用

471Points×10Functions

全身に471箇所ある経穴(ツボ)それぞれに約10の作用があり様々な症例に対して約4,700にも及ぶアプローチが考えられます。
経穴すべて経絡上にあって、その中から最適な経穴を脈診で1~6ヵ所選び出し、適切な刺激を与えると、経絡を通じ身体の様々な箇所への作用が図れます。

健康を取り戻す
栄養や
運動、知識

Nutrition, Exercise and
Knowledge to Restore Health

当院では鍼施術に加え、ご希望の方には、一人ひとりの体調に応じて食生活をアドバイスする「適食チェック」、体力別に指導内容が異なる「ノルディックウォーキング教室」、体調によって選別する栄養価の高い「ドライフルーツ」の販売など、健康な生活を送るためのサポートを行っています。